めんどくせーな。 ハルク、散々暴れたすえにバナーに戻った。 彼は、2年間自分がハルクの姿のままだったことを知り愕然とする。 アベンジャーズの「エイジ・オブ・ウルトロン」の後彼はここにハルクのまま不時着し、ずっと 過ごしていたんですか。 ソーは見知らぬ惑星でバトルロイヤルといわれる戦いに参加することになり、化け物と称されたハルクとなぜか一戦交えることになる。 マイティ・ソーのシリーズ3作目『マイティ・ソー バトルロワイヤル』が2017年11月3日に公開されます! 本日は、2017年の映画「マイティ・ソー バトルロイヤル」をネタバレと感想を含めて紹介していきます。 「アベンジャーズ」シリーズにも参戦している、クリス・ヘムズワース扮する雷神ソーの活躍を描い … マイティー・ソー3 バトルロイヤル観てきた。 2017年11月3日公開されたマイティー・ソー3 バトルロワイヤル。(原題Thor:Ragnarok) 本作を観るにあたって前作までのストーリーを復習、予習しておきたい方もいらっしゃるかと思います。 アメコミ原作のファンタジーアクション「マイティ・ソー」シリーズ第3作。神々の世界アスガルドの王子ソーは“アベンジャーズ”仲間であるハルクと戦わざるを得なくなる? ※本記事には『マイティ・ソー バトルロイヤル』のネタバレが含まれます。 アベンジャーズの中心メンバーであり、北欧神話の雷神トールがベースとなっているスーパーヒーロー雷神ソー。その単独作の最終章となる『マイティ・ソー バト […] マーベル・スタジオ - マーベルアニメーション - マーベル・アニメイテッド・ユニバース - マーベル・ワンショット - ニューワールド・ピクチャーズ, “天海祐希が死の女神に!「マイティ・ソー」最新作でC・ブランシェットの吹き替え挑戦”, マーク・ラファロの映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は映画『インクレディブル・ハルク』を考慮していることが発見される, Fate/stay night [Heaven's Feel] I.presage flower, 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=マイティ・ソー_バトルロイヤル&oldid=80661121, 中盤でソー、バナー、ヴァルキリーがサカールを脱出する計画を立てている最中、会話のなかでヴァルキリーの口から『. マイティソー, 順番 マーベル・コミックのなかでも特に人気がキャラクター「ソー・オーディソン」 この「ソー・オーディソン」を主役とした実写映画作品【マイティーソー】は、世界的に人気がありシリーズ化されています。 アベンジャーズの中心メンバーであり、北欧神話の雷神トールがベースとなっているスーパーヒーロー雷神ソー。その単独作の最終章となる『マイティ・ソー バトルロイヤル』がついに完成した。10月19日(木)の最速試写会にて鑑賞したので、本記事では各キャラクターに沿って見所を紹介してみたい。, まず最初に言いたいのは、本作『マイティ・ソーバトルロイヤル』のソー・オーディンソンは、ソーというキャラクターを決定づけるような、我々が心のどこかでずっと見たかったソーであることは間違いない、ということだ。, というのも、我々が(映画版で)最初に出会ったソーは、頭で考えるよりも先に手が出るような、ちょっとおバカで、けれどもどう見てもいい奴にしか見えない豪快な男であった。しかし『アベンジャーズ』以降、妙に静かで冷静な大人の男として描かれることが多くなる。, 確かに、宇宙の彼方に消えた、愛する弟ロキが地球で殺戮を始めていたり、恋人に会いたいのに親父から王座を継げと言われたり、実母フリッガとロキが死んで(?)しまったり、しまいには地球人の魔女のせいで嫌な夢も見させられるしで、ソーのストレスは溜まる一方である。さらにアベンジャーズのチーム内で宇宙と行き来できるのはソーのみなため、チタウリやらインフィニティ・ストーンやらの説明もメンバー(と観客)にしないといけない。そんな説明力が求められる役割を担わされている中で、とてもじゃないがちょっとおバカになんかなっていられない。, だが、今回の『マイティ・ソーバトルロイヤル』ではそんな様々なしがらみから解き放たれ、『マイティ・ソー』の頃の思ったことはすぐに顔に出るような感情の分かりやすい、丈夫な身体でドジを踏みまくる親しみやすいソー・オーディンソンが帰ってきたのだ。, そんな愉快なソーを演出するために、『マイティ・ソー』でソーが初めて地球に降り立った時のように無敵のハンマーを失った不完全な状態で、ソーのことを誰も知らない環境の中に投下した。ソーが容易いことでは死なないことをいいことに、心身共に色々なダメージを負わせていくのだ。 そして、1作目の“地球”に取って代わる舞台こそ惑星サカールなのである。挨拶をしただけで縄にかけられ、拘束され、頭を刈られ、身体中にレッドのペイントを塗られて闘技場に参加させられるという不遇の扱いを、いつもの「俺はアスガルドの王子だぞ!」という必死の主張をしながら受けている姿は、ソー本人には申し訳ないがかなり笑える!, しかし、そんなコミカルな描写とは打って変わって、アクションシーンはかなり洗練されたものへと進化している。本作ではムジョルニアが破壊されてしまうが、ムジョルニアでの最後となる戦闘シーンが、これまでのソーがムジョルニアを使用した5作品のアクションシーンのどれとも違った、クールでダイナミックなものとなっていた。その衝撃と興奮は『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(14年)のキャップのアクションに勝るとも劣らないレベルだ。さらに双剣や、メイス、ライフルやグングニルなど様々な武器を使っていく姿も本作ならでは。そして、予告編にあった雷を全身に纏った真の「雷神」になるまでの過程は、主人公の潜在能力が徐々に開花していくという、まるで日本の少年マンガのような演出となっており、日本人であれば尚更見ていて興奮すること間違いないであろう。, 『マイティ・ソー』シリーズは、ソーとロキの物語ともいえる。ソーが表向きの主役であれば、ロキは影の主役だ。悪戯の神として知られるロキなのだが、『アベンジャーズ』でハルクに叩き潰された瞬間からロキの方向性は定まってしまった。ロキが調子よく誰かを騙すよりも、誰かに痛ぶられている方が見ていて面白いということが明らかになってしまったのだ。『マイティ・ソーバトルロイヤル』ではそんなロキの扱いもさらに勢いづくが、上述したようにソーの方もそれなりに痛ぶられて笑わせてくるため、お互い方向性が合致したのか、もはやソーとロキがお互いに小競り合いを繰り返しながら、コミカルなリアクションをとり合っている。, 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(13年)での二人の関係は、弟を許せない兄と開き直って茶化す弟という、喧嘩した後の気まずい兄弟のようであったのだが、『マイティ・ソーバトルロイヤル』では二人の間での嫌悪感や気まずさなどはとうに消え、お互い言うこと成すことにまったく遠慮をし合わない関係となったのだ。だからこそ、コミカルなやり取りも面白い。今のソーはロキにイタズラや裏切りにあったとしても「まあ、お前ってそういう奴だもんな」という心持ちで本気になって怒ることはないし、ロキももう別にソーを殺してやろうなどとは思っていない。よくも悪くもお互いを知り尽くしている。そんな関係性の中でロキが最後までソーについてくるのかは、劇場で確かめてほしい。, アスガルドの王であり全能の父オーディン。しかし彼は全く影のない善良で万能な存在というわけではない。「完璧な人間ではないからこそ共感できる」というマーベルキャラクターの定義は、このオーディンにも当てはまる。ソーとロキを育てた親であるということは、ヒーローとヴィランを産み出した存在でもあるということを意味しているのだ。彼の内には息子達への大きな愛と、王としての横暴さが臨在している。その両面は本作『マイティ・ソーバトルロイヤル』でさらに掘り下げられているが、横暴な部分がさらに掘り下げられても、ソーは決してオーディンを蔑視するようなことはない。そしてオーディンもまた、困難な状況にあるソーに率直な答えを教えず、ソーが自ら道を切り開けるヒントだけを与えて見守る精神的な支柱として大いに存在感を発揮している。, 本作のヘイムダルは、もはやあなたが王になったら良いのではとさえ思えてしまうほどに、他の誰よりもアスガルドの為に奮闘していた。なにせ今回は、アスガルドのプリンスのソーと偽の王ロキが、仲良く揃ってサカールに行ってしまっているし、先代の王オーディンもロキのせいでどこかにやられてしまっているという、王という王がいない中で、どう頑張っても勝てそうのないヘラが、同じアスガルド人であるはずのスカージを従え侵略を始めてしまったという、とにかくアベンジャーズでもなんでもよいから誰か助けてと言いたい状況でしかない。そんな中でヘラに気づかれぬように、アスガルドの民を守る為たった一人で、的確かつ慎重に行動するヘイムダルは最も頼り甲斐があるキャラクターだ。, 本作で初登場となるヴァルキリーとスカージ。特筆すべきなのはこの二人がこれまでに見たことの無いようなタイプのアスガルドの戦士であるということ。これまでの『マイティ・ソー』におけるアスガルドの戦士はソーの良き友であり、「アスガルドのために」という掛け声と共に危険を顧みずに戦いに赴く、勇敢な戦士という印象だった。しかし、ヴァルキリーとスカージはそんな固定観念を吹き飛ばしてくれるキャラクターである。, 惑星サカールでグランドマスターに仕えているヴァルキリー。アスガルドの伝説の戦士であるのにも関わらず、故郷の王子であるソーにとにかく災難を与える存在である。だが、彼女の存在は『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』でも垣間見えた、オーディンが自国の戦士を何人犠牲にしてでも敵を倒すという横暴な指揮が生み出してしまった、アスガルドの暗い歴史を背負った重要なキャラクターなのである。, スカージは死神ヘラに味方するアスガルド人のヴィラン!と言いたいところだが、演じているのはあの『ジャッジ・ドレッド』(12年)のカール・アーバンである。よってスカージが、ただただヒーローに倒される小者のヴィランとして収まるはずも無く、彼には彼の物語がしっかりと用意されていた。彼の目的は一つ、自らの力を証明することである。そう、本作のスカージは、『マイティ・ソー』(11年)でヨトゥンヘイムに乗り込んだソーと重なるのだ。そんな彼の「答え」には、もしかしたら本作で一番感情移入できるかもしれない。, 本作のヴィランである死神ヘラ。ムジョルニアを片手で破壊したMCUシリーズ内でも最強クラスのヴィランではあるものの、着目すべきなのはそのパワーではなく、彼女の動機だ。『マイティ・ソー』のヴィランであったロキは、アスガルドを我が物とするために暗躍したが、そこには自分こそアスガルドを統治するにふさわしいという彼なりの主張と、敵国の養子であったという不平な背景が動機となっていた。本作のヘラもそれを踏襲したかのような主張と背景を持っている。そしてそのヘラの主張と背景が重なった動機は、間違いなく『マイティ・ソー』シリーズを締めくくるヴィランとしてふさわしく、納得のできるものであった。, これまでの『マイティ・ソー』シリーズにおけるソーの仲間達は、皆旧知の仲であり、すでに出来上がった関係性であった。しかし本作では、そんなお馴染みの仲間達を頼ることが出来ず、ソー自ら新しい仲間を作らなければならない。そんな中で「仕事仲間」であったハルクは最も話が早いはずなのだが、同じアベンジャーズとして話が通用するのはバナーの方であり、ハルクの方の頑固で子供のような人格とは1から友情を築かなければならない。ただでさえ不遇な状況下にあるソーだけに、ハルクと同じレベルで張り合うのであるが、何も飾ることなく、格好つけることなく、とにかく素でハルクと距離を縮めようとするソーの姿は、ハルクだけでなく我々観客もどこか心温まるような瞬間があるのだ。, 振り返ってみればソーは一国の王子であり、常に周りから駆け寄られるような存在だった。地球に初めて来た時も、ジェーン達の方がソーに興味を持って関わりを持つようになり、アベンジャーズも入ろうと思って入ったわけではない。そんな人気者で友達や仲間が自然と付いてくるようなソーが、ハルクという頑固者のために自ら歩み寄ろうとすること自体が新鮮で、ソーのまったく新たらしいキュートな一面として描かれている。, 前作の『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』は2作目ではあるものの、『マイティ・ソー』シリーズで掲げられている様々な問いにそれなりの答えを出している作品だった。ソーとロキの和解、王になるよりも良き人間でありたいというソーの決断、最後にようやく地球に戻って来たソーがジェーンと結ばれるなど、『マイティ・ソー』は全2作で終わりですと言われてもまあ納得ができるほどだ。, 『マイティ・ソーバトルロイヤル』の予告で、新しい舞台で新しいキャラクターが登場したことから、一部ではまったく前2作とは関係のない作品なのではないのかとさえ思われていた。しかしながら、本作は『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』で出されたテーマの答えを、違うアプローチで回答し直し、『マイティ・ソー』で観客を引き込んだ要素も詰め込みつつ、最高に笑えるコメディな台詞とダイナミックなアクションで押し進めた。『マイティ・ソー』シリーズの最終作を冠するにふさわしい最高傑作である。, アベンジャーズの一員として地球を守るため戦ってきたソーの前に<死の女神>が立ちはだかった。死の女神・ヘラは、ソーの究極の武器ムジョルニアをいとも簡単に破壊すると、彼の国へ攻撃をはじめる。ヘラの復讐と野望を知ったソーは、この最強の敵を倒す ため、盟友ハルク、宿敵ロキらと型破りのチームを組み、極限バトルに挑む!果たして、ソーたちは史上最強の敵からこの世界を守ることが できるのか?死の女神・ヘラの復讐の目的は!?そこには、ソーの運命を変える秘密が隠されていたー。, 出演/クリス・ヘムズワース(ソー)、 マーク・ラファロ(ハルク/ブルース・バナー)、トム・ヒドルストン(ロキ)、 ケイト・ブランシェット(ヘラ)、アンソニー・ホプキンス(オーディン)他, 【ネタバレレビュー】『ワンダーウーマン 1984』でダイアナが戦う「欲望」という名の世界, ガス・ヴァン・サントとアレッサンドロ・ミケーレの共同監督作に見るファッションとジェンダーの関係, 【ネタバレなしレビュー】『ザ・ボーイズ』シーズン2 ─ この毒気がクセになる!いよいよ9月4日配信開始!, メールニュースでは、Fan's Voiceの人気記事や各種イベント情報をいち早く配信します。登録するにはこちらをクリックしてください。. マーベル・スタジオ最新作『マイティ・ソー バトルロイヤル』が11月3日(金・祝)より全国公開。このたび、クリス・ヘムズワースら豪華キャストが集結したコミコンの様子が到着! さらに新たな場面写真3点が解禁となった! 『マイティ・ソー バトルロイヤル』(原題: Thor: Ragnarok)は、マーベル・スタジオが製作し、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが配給する2017年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』の続編となるシリーズ第3作。, 「マーベル・コミック」のアメリカン・コミック『マイティ・ソー』の実写映画シリーズ第3作。また、様々な「マーベル・コミック」の実写映画を、同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては、第17作品目の映画となる。原題のサブタイトルの「ラグナロク」(古ノルド語:Ragnarøk(Ragnarök、ラグナレク)、「神々の運命(黄昏)」の意)とは、北欧神話における「世界の終末」を意味する言葉だが、権利の関係で使用出来ず、『バトルロイヤル』に変更された。, また、マーベル・シネマティック・ユニバースシリーズで初めて日米同日公開された映画である(2作目は半年後の2018年4月27日公開の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』、3作目は2019年4月26日公開の『アベンジャーズ/エンドゲーム』)。, ウルトロンとの戦いから2年。ソーはアベンジャーズを離れインフィニティ・ストーンを探して宇宙を旅していたが、手がかりは見つからなかった。その途中、ソーはアスガルドの滅亡「ラグナロク」を招くとされる炎の巨人スルトに囚われるも、からくも倒してアスガルドへと帰還する。帰還後、故郷の様子がおかしいことに気づいたソーは、マレキスとの戦いで死んだと思っていたロキがオーディンに化けていたことを暴く。, オーディンの不在を問いつめ、地球の老人ホームに預けられていたことがわかるが、すでに老人ホームは取り壊されオーディンの行方はわからなくなっていた。2人が途方に暮れていたところ、突然ロキが足元にできた謎の穴によって姿を消してしまう。ソーはそばに落ちていた名刺を拾い書かれている住所へと向かう。住所の場所は、魔術師ドクター・ストレンジの住む館“サンクタム・サンクトラム”だった。ストレンジがオーディンを保護していたことを知ったソーは、ロキと共にオーディンがいるノルウェーへと移動する。, 2人はオーディンと再会。ソーは帰還を促すが、オーディンは自身の寿命を理由に拒否する。オーディンは、アスガルドの危機と邪悪なため異次元に幽閉していた姉ヘラの存在を告げ、自分の死による彼女の復活を警告し2人に託した後消滅する。復活したヘラはソーとロキの前に現れ、ソーのハンマー・ムジョルニアを粉々に破壊し、2人を一蹴。危険を感じたロキは虹の橋ビフレストを開きソー共々アスガルドへ逃れようとするが、追って来たヘラに攻撃され2人ともビフレストの移動空間外へと吹き飛ばされてしまう。, アスガルドへ到着したヘラは、ウォリアーズ・スリーを始めとする戦士たちを始末し、ヘラに寝返ったスカージを手下にするが、王宮に入り都合よく改ざんされた歴史に愕然とする。ヘラは、侵略と略奪を繰り返し作られた国の真実をスカージに語り、「永久なる炎」の力で怪物フェンリス・ウルフや死んだ兵士を蘇らせ、9つの全世界を支配すべく行動を開始する。しかし、世界を移動するためのビフレストの鍵となる剣は、ヘイムダルによってすでに持ち出されていた。, 一方、ビフレストの外へ投げ出され辺境の惑星サカールへ流れついたソーは、そこで“スクラッパー142”と名乗る女賞金稼ぎによって捕らえられ、統治者グランドマスターにグラディエーターとして売られてしまう。ロキは、先にサカールへと流れつきグランドマスターに取り入っていた。グランドマスターとの謁見で、「バトルロイヤルでチャンピオンに勝利すれば望みを叶える」と聞いたソーは、アスガルドへ帰還するべく挑戦者として参加する。戦いの直前、ソーはスクラッパー142が実はアスガルドの伝説の精鋭部隊ヴァルキリーの一員だと気づき手助けを求めるが無視される。そんな中開催されたバトルロイヤルのチャンピオンとしてソーの前に現れたのは、行方不明になっていたハルクだった。ソーはピンチに陥るが雷神の力を一時的に覚醒させハルクを圧倒。しかし勝利の寸前、グランドマスターによる電気ショックの一撃で麻痺、ハルクの反撃で敗北する。, その後、ハルクの部屋に連れてこられたソーは、ハルクの乗ってきたクインジェットでサカールを脱出しようと持ちかけるが拒否される。ソーはヘイムダルに呼びかけて自身の意識をアスガルドへと飛ばす。彼は生き残りの兵士たちと共に民を保護し、秘密の場所へと匿っていた。ヘイムダルは、守備隊が全滅すればビフレストで民と共にアスガルドを脱出する旨をソーに語り、サカールを囲む扉(ワームホール)を抜けて戻るように助言した。, アスガルドの現状を知ったソーは、ヴァルキリーに、オーディンの死とヘラがアスガルドを侵略していることを告げ協力を再度求めるが、彼女はヘラへのトラウマや王家への不信感・恨みから手助けを再度拒否。彼女の過酷な過去を聞き、協力が得られないと実感したソーは、ハルクの部屋を脱走。クインジェットを起動したソーをハルクが妨害するが、モニターに映ったナターシャ・ロマノフの映像を見てハルクはブルース・バナーに戻り鎮静する。, 2年の空白で状況が把握できず混乱するブルースを連れて逃げるソーの前に、追っ手としてヴァルキリーが現れる。しかし彼女は、ヘラへの復讐を遂げたいとソーに協力を申し出る。彼女が和解の印として捕縛してきたロキも、協力する代わりに自分も脱出させるよう申し出る。その後、ロキの裏切りを出し抜いたソーらは宇宙船コモドールでサカールを脱出する。, その頃アスガルドでは、民をビフレストで避難させようとするヘイムダルらの元にヘラの軍勢が迫っていた。間一髪帰還したソーらはヘラの軍勢と対峙。乱戦の中、大型宇宙船ステイツマンに乗ったロキがサカールの囚人たちを引き連れて現れ、逃げ惑う民を船へと誘導する。, ソーはヘラの攻撃で右目を失うが、死の淵でオーディンの幻影と対面、自在に雷神の力を操れるようになる。アスガルドとは場所ではなく民であることを理解したソーは、アスガルドにいる限り力を増し続けるヘラに対抗するため、スルトを復活させてラグナロクを引き起こす。本来の力を取り戻したスルトは、自身へと攻撃してくるヘラもろともアスガルドを滅ぼす。ソーたちは宇宙へ逃れ、地球を目指そうとするが、彼らの眼前にサノスの宇宙船「サンクチュアリII」が現れる。, ※ 具体的な人物像やリンク先が記載されていない登場人物についてはこちらを参照のこと。, ※ 詳細とリンク先が記載されていないアイテムやテクノロジーについてはこちらを参照のこと。, 「新たなヒーローたちの伝説がはじまるー」「死の女神の復讐がはじまる」のキャッチコピーで11月3日にMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)シリーズ初となる日米同時公開となった。10月19日には最速上映が行われ、同月26日の吹き替え版完成披露試写会では、ヘラの吹き替えを担当した天海祐希、サプライズゲストでホーガンを演じる浅野忠信が登壇した。映画興行収入ランキングでは1位になり、MCUシリーズとしては五本目、『マイティ・ソー』シリーズとしては初の1位獲得となった。アメコミ映画が年内で二回1位を獲得し(一回目は『ドクター・ストレンジ』)、年数を空けることなく首位を取れたのはランキング史上初の快挙である(この記録は数週間後に公開された『ジャスティス・リーグ』にて更新されることになった)。, マイティ・ソー - マイティ・ソー/ダーク・ワールド - マイティ・ソー バトルロイヤル - マイティ・ソー/ラブ・アンド・サンダー(仮), アベンジャーズ - アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン - アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー - アベンジャーズ/エンドゲーム, アベンジャーズ 地球最強のヒーロー - アベンジャーズ・アッセンブル (テレビアニメ) - ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ - マーベル フューチャー・アベンジャーズ, スパイダーマン&アメイジング・フレンズ - 超人ハルク - アルティメット・スパイダーマン - ハルク: スマッシュ・ヒーローズ, スパイダーマン&アメイジング・フレンズ - アイアンマン ザ・アドベンチャーズ - ネクスト・アベンジャーズ: 未来のヒーローたち - アルティメット・スパイダーマン - マーベル スパイダーマン, ロバート・ブルース・バナー/ハルク - シー・ハルク - ニック・フューリー - バッキー, アルティメット・アベンジャーズ - アルティメット・アベンジャーズ2: ブラック・パンサー ライジング(英語版) - ネクスト・アベンジャーズ: 未来のヒーローたち, Captain America (連続活劇) - キャプテン・アメリカ 卍帝国の野望, 爆走ライダー! 『マイティ・ソー』という作品名および主人公の名前。 ソーはトールの英語読みで、キャラクターの設定としても北欧神話での雷神トールをさしている。 近年、週刊少年ジャンプにおいて、彼とキャップを『キン肉マン』の作者ゆでたまご先生が描いたイラストが掲載された。 ハルクとして登場した当初は、バトルロイヤルの挑戦者としてしか扱わないほどソーのことを忘れていたようで、拳を交えた後は彼には非協力的ながらも、ソーを友達として認めるようになる。 作品情報のご紹介です。マーベル映画最新作『マイティ・ソー バトルロイヤル』。史上最強の敵から、ソーはこの世界を守ることができるのか?映画作品の予告映像や試写会ご招待、プレゼントキャンペーンなど、お得な情報が満載!マーベル公式 marvel 映画「マイティ・ソー」の最新作の邦題がファンの怒りを買っているという。原題「thor ragnarok」から邦題は「マイティ・ソー バトルロイヤル」に。 マイティー・ソーでソーと出会い、マイティー・ソー2 ダーク・ワールドではただの人間としては破格の超待遇を受けた正ヒロイン。ですが。 マイティー・ソー3 バトルロイヤルの序盤ソーとロキの会話にて別れたことが判明 します。その後一切登場せず。 【監督】タイカ・ワイティティ(「シェアハウス・ウィズ・バンパイア」「ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル」) 【配給】ディズニー 【時間】131分 引用:Taika Waititi - IMDb 本作でメガホンを取ったのは、新進気鋭のタイカ・ワイティティ監督。ニュージランドのマオリ族出身で、飄々としたアジア系の感じは、俳優のジェイク・ギレンホールとデブ・パテルを足して2で割ったような風貌(?)ですね。脚本や編集、 … バトルロイヤルを開催し楽しんでおり、2年前からハルクがそのチャンピオンになっていた。 ロキによれば嗜好がおかしいが話は通じる男らしく、ロキは彼をそそのかしてちゃっかり友人の位置に収まって … 2017年11月3日、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』が公開される。マイティ・ソーのシリーズとしては第3弾、アベンジャーズなどと世界観を共有するmcu作品(マーベル・シネマティック・ユニバース)としては第17弾となる注目の話題作だ。 出典画像:「Disney© MARVEL」 \『マイティソー/バトルロイヤル』を無料動画を視聴するならおすすめはDisn Power Pack - ジェネレーションX - Nick Fury: Agent of S.H.I.E.L.D. ※本記事には、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』のネタバレが含まれます。 11月3日(金)に日米同時公開となったマーベル・スタジオ最新作『マイティ・ソー バトルロイヤル』。mcu(マーベル・シネマティック・ユニバース […] 超人キャプテン・アメリカ(英語版) - Captain America II: Death Too Soon, ハルク誕生 - The Incredible Hulk: Death in the Famil - 新超人ハルク 勇者伝説(英語版) - 超人ハルク'90(英語版) - 超人ハルク 最後の闘い(英語版), The Fantastic Four - ファンタスティック・フォー [超能力ユニット] - ファンタスティック・フォー:銀河の危機 - ファンタスティック・フォー, スパイダーマン - スパイダーマン2 - スパイダーマン3 - アメイジング・スパイダーマン - アメイジング・スパイダーマン2 - ヴェノム - モービウス - ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ, メン・イン・ブラック - メン・イン・ブラック2 - メン・イン・ブラック3 - メン・イン・ブラック:インターナショナル, パニッシャー (1989年) - パニッシャー (2004年) - パニッシャー: ウォー・ゾーン, ウルヴァリン: X-MEN ZERO - ウルヴァリン: SAMURAI - LOGAN/ローガン, X-メン - X-MEN2 - ファイナル ディシジョン - ファースト・ジェネレーション - フューチャー&パスト - アポカリプス - ダーク・フェニックス - ニュー・ミュータンツ. とくにクライマックスのバトルシーンは鳥肌物です。 というか、原題は「マイティ・ソー ラグナロク」なんですよね…。なぜ、バトルロイヤルにしたのかな。と言った感じではありますが、、、 それでも、ハルク好きにはたまらない作品でした! 11月3日大ヒット公開中のアメコミ大作「マイティ・ソー バトルロイヤル」。みなさんはもうご覧になりましたか?今回は「マイティ・ソー バトルロイヤル」のキャラクターをご紹介していきます! キャラクター、ホーガンのご紹介です。マーベル映画最新作『マイティ・ソー バトルロイヤル』。史上最強の敵から、ソーはこの世界を守ることができるのか?映画作品の予告映像や試写会ご招待、プレゼントキャンペーンなど、お得な情報が満載!