揚げ焼きなど、捨てる油が少量の場合はペーパータオルや新聞紙などの紙に吸わせます。処理は油が冷めてから行いましょう。 油の量が多い場合は、以下のように牛乳パックやポリ袋の中に入れた紙に油を吸わせるのがおすすめです。 「油処理剤」の販売特集です。MonotaROの取扱商品の中から油処理剤に関連するおすすめ商品をピックアップしています。【610,000点を当日出荷】【3,500円(税別)以上で配送料無料】モノタロウには、製造業、工事業、自動車整備業の現場で必要な工具、部品、消耗品、文具があります 少量なら新聞紙に吸わせる. 吸わせるタイプ 油の処理用に吸わせるタイプのものが市販されています。こちらも「吸わせるテンプル」が有名ですね。 吸わせるテンプル以外でも、100円ショップやドラッグストアで吸わせるタイプのものが販売されています。 「流すタイプの油処理剤」を食用油と混ぜて下水道に流すことはやめましょう。 食用油は、できるだけ使いきり、残った食用油は新聞紙等にしみ込ませるなど、ごみとして捨てるよう心がけましょう。 また夏場など暑い時期は自然発火のおそれもあります。 吸わせるのはキッチンペーパー以外にも…!? 先ほど、キッチンペーパーで油を吸わせるとお話しましたが、実はそれ以外にも吸わせるのに適しているものがあります。 それは新聞紙です。 吸収力が高く、低コストで済むのでオススメです。 使った油も 少量ならば新聞紙に吸わせてもいい と思います。. 「吸わせるテンプル」は、冷えた油専用の廃油処理剤です。粉ではなく、天然パルプ素材のパッドになっています。このパッドを直接、油に浸し、油をしみ込ませてゴミ袋などに入れ、燃えるゴミとして捨てます。 1枚で、100mlの油を吸着します。 【油処理に!固めるテンプル/amazon】 油を簡単に固められる便利アイテムです。固めた油は燃えるゴミとして捨てられるのがGood。【固めるテンプル 10包入り】 【油の捨て方4】びんやペットボトルに詰めた状態で捨てる 調理用油をかんたんに処理. 「吸わせるテンプル 10枚入」は、使用済みの冷えた油を手軽に処理することができます【台所用品 → 廃油処理剤】 廃油処理剤 4901609119635。ジョンソン 吸わせるテンプル 10枚入 油処理用品 冷えた油専用 ( 4901609119635 ) 油を何かに吸わせて捨てる場合、専用の廃油処理パッドなどを購入するのが簡単ですが、お金をかけずに身近な物で処理することもできます。 油は必ず冷ましてから吸わせるようにしましょう 。 余分な油を吸わずにカラッと揚がるので、植物油に混ぜるだけで、専門店の味に近づきます。 ... 注ぎ口がついているタイプだと、残った油を処理する時に溢れにくく、簡単に注げます。 ... ・牛乳パックや新聞紙に吸わせる 2.2.吸わせる素材はいろいろ. 植物成分だけを原料としているので、安心して使えます。 油が冷めたあとはするっとナベからはがれます。 一包で600gの油を固めて、手やキッチンを汚さずに、燃えるゴミで簡単に油を捨てられます。 揚げ物油は、こちらもまた100均で売っている油を吸わせる専用の処理袋に入れて捨てています。油を蝋のように固めるタイプのものも使った事があるのですが、一度上手く固まらなかった事があり、それ以来は簡単に捨てられる処理袋を利用しています。 アヒージョなどの場合パンに油をつけて食べますよね? そうすることで油の量も少なくなるので新聞紙を吸わせた処理方法でも十分ではないかなと思います。