子供連れに嬉しい沖縄ホテルを紹介!ビーチリゾートを満喫できることはもちろん、客室やサービスも乳幼児連れに優しい家族みんなが満足できるホテルを選びました。 http://www.yomitan-kankou.jp/detail.jsp?id=74732&menuid=11949&funcid=3. 2-1.SANS SOUCI(サンスーシィ) 時間、休み:工房によって異なります。 住所:沖縄県国頭郡本部町石川424海洋博公園内 11月〜2月 9:00~17:30(最終入館17:00) 3月~9月 8:30~20:00(最終入館19:00) CALiN(カラン) URL:http://www.yomitan-kankou.jp/detail.jsp?id=74732&menuid=11949&funcid=3, ゆっくりのんびり沖縄時間を過ごすなら、やっぱりカフェ。浜辺に立ち眼前に広がる海を眺める海カフェ、緑濃い沖縄の森の中で森林浴をするかのように過ごせる森カフェなどロケーションを活かした絶景カフェから、地元の食材を使った絶品料理を食べられるロハスカフェまで、個性豊かなカフェが勢ぞろいする沖縄は、今や日本のカフェムーブメントの一大発信地ともいえるほど。外国人住宅や沖縄の古民家をリノベーションしたカフェは居心地がよくてついつい長居してしまいそうだし、市場の片隅にあるコーヒースタンドの一杯のコーヒーが忘れられないおいしさだったりする。どんなカフェでどんな過ごし方をしようか悩むのもまた楽しい時間です。, ちなみにコーヒーベルトのぎりぎり最北限に位置する沖縄では、コーヒー豆の栽培もされています。希少な沖縄県産コーヒー豆の味わいを現地で確かめてみるのも面白そうです。, 沖縄という土地の持つ表情はじつに豊か。ぜひ冬に訪れ、その多彩な魅力をじっくり味わってみてはいかがでしょうか。, 飛行時間やお子様の年齢別おすすめ旅行先リストや海外子連れ旅行に役立つ情報をご紹介。飛行機での過ごし方、持ち物、プランの立て方などはじめての家族で行く海外旅行で知りたいことにお答えします, 沖縄本島とはまた異なる魅力をもつ宮古島、石垣島をはじめとする沖縄離島。那覇から日帰りで気軽に行ける離島やダイビングにおすすめな離島などをランキング形式でご紹介します。, 東京都出身。PR誌、韓流エンタメ誌、韓国文化雑誌の編集部、日本語教師などを経て現在はAtoll Inc.所属。好きなものはれんこん。, 登録する事により、弊社ニュースレターの購読に そこで今回は、赤ちゃん連れで入れるオススメのお店をご紹介します。どの店舗も全席禁煙、離乳食の持ち込みOKです!, <もくじ>1.那覇~南部エリア 今日から、待ちに待った沖縄旅行です!大好きな旅行先ベスト3に入る沖縄。昨年の秋に計画し、子連れでも楽しめるプランなど調べまくって、久しぶりの沖縄に胸を含ませていたところに、妊娠発覚。つわりであえなく断念することになってしまったので、今回は1年越しの雪辱戦なのです! 国内でも人気の観光地沖縄。美しい海に美味しい食事、行ってみたい観光地もたくさんありますよね。アクティブに観光スポット巡りをするのもいいですが、実は、何にもせず、ただぼーっとホテルステイするだけでも沖縄は楽しいのです!美ら海に囲まれた沖縄ならではのホテルおこもり旅。 ツアー料金:大人2200円、高・専門・大学生1700円 休み:12月第1水曜日とその翌日 沖縄ホテル子連れにおすすめbest5!子供が喜ぶ&ファミリーに人気 . 透明度が高い海、熱帯植物、照り付ける太陽、たくさんの自然。沖縄は毎年多くの旅行客で賑わいます。「子供が生まれて一段落したから遠出したい」「幼児料金で安く行ける今のうちに、家族で行きたい!」など、子供と一緒に沖縄旅行を計画している人もいるのではないでしょうか。 憧れの沖縄移住で知っておきたい子供のいじめについて. 『コツコツ貯めたマイルでオフシーズンの沖縄へ。3泊4日。冬の沖縄は初めて。子連れも初めて。今までしてこなかったリゾートホテルでのんびり過ごす旅。ちょっと欲張って、...』恩納・読谷(沖縄県)旅行についてあんさんの旅行記です。 沖縄歴9年の移住サラリーマン。子育て奮闘中の"沖縄移住クッキングパパ"。料理担当、ほかの家事はダメダメ。子連れでもいける美味しいグルメの食べ歩き、飲み歩きが好き。沖縄移住や観光、沖縄好きなひとにリアルな情報を発信中! 2-2.榮(さかえ)料理店3.北部エリア 見る・知る・遊ぶ・食べる・泊まる・買う――数えきれない沖縄での過ごし方を、私たちは一つずつピックアップ。, 現在、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、臨時休業や営業時間短縮など、サイト内でご紹介している施設・店舗でも営業内容が通常と異なる場合があります。, 宮古島の映えカフェPAINAGAMA BLUEBOOTH(パイナガマブルーブース)でまったり♡, 【住所】沖縄県中頭郡北中城村萩道150-3パークサイド #1822(那覇空港から車で約36分). いまだに根強い人気のある沖縄移住。子供のためにと、大自然の南国をイメージして、のんびりとした子育てを夢見て沖縄へ家族移住を計画する人が毎年たくさんいます。 時間:10月~2月 8:30~18:30(最終入館17:30) 時間:10:00/12:00/14:00/16:00 ※予約制 沖縄美ら海水族館から車で約15分の場所にある瀬底島(せそこじま)は、日帰り観光スポットとして人気の離島。沖縄旅行をのんびり過ごしたい人にぴったりな穴場的ビーチから心安らぐ古民家カフェやお土産店まで8スポットを紹介します。 『夏休みを利用して4泊5日での沖縄本島旅行。生後半年の息子を連れて旅行だったため、アクティビティは無く、のんびりとした旅行です。1日目:沖縄着→レンタカーピック→...』名護(沖縄県)旅行について名もなきseさんの旅行記です。 子連れでの旅行、ちょっと大変? と思いがちですが、沖縄なら大丈夫。子だくさんの沖縄は、子どもに優しい県なんです。子どもが楽しめる観光スポットはもちろん、幼児連れの家族旅行でも安心して楽しめるお店やスポットを巡る3泊4日のコースをご紹介。 沖縄は子連れ旅行におすすめの観光スポット。子供が喜ぶ体験型アクティビティや、サービスが充実した子連れに優しいホテルが沢山あります。今回は子連れファミリーにピッタリな沖縄のおすすめホテル7選をご紹介します! 子連れ旅行で心配なことのひとつである "外食" 。 禁煙席あるかな、離乳食は持ち込んでいいかな、子どもが食べられるものはあるかな、など不安や心配は絶えません。 そこで今回は、赤ちゃん連れで入れるオススメのお店をご紹介します。どの店舗も全席禁煙、離乳食の持ち込みokです! 住所:沖縄県南城市知念字久手堅地内 お料理はどれを注文してもハズレなし! いわゆる「沖縄料理」もたくさんあるのですが、盛り付けや食材の組み合わせにひと工夫あって、とても新鮮な気持ちで沖縄料理をいただけます。子どもが食べられるものも快く相談にのってくださり、とても過ごしやすく、そして美味しい料理をたっぷり堪能できるお店です。, 今注目されている「古宇利島」の手前に「屋我地島」という離島があります。本島から橋を渡って行けるので、離島といっても気軽に行ける場所。そんな島にある「CALiN」は、カフェスペースと雑貨スペースからなるお店。カフェスペースの奥には小上がりの座敷席があり、絵本や小さなおもちゃも用意されています。 3-1. URL:https://churaumi.okinawa/, 旅先では地元の市場に行きたくなる、という人も少なくないのでは?食材やおそうざいが集まる市場は、その地の食文化や人々の暮らしに触れられるワンダーランド。独自の進化を遂げた沖縄グルメを満喫するなら市場ははずせません。那覇屈指の観光スポットでもある牧志公設市場では、見たことのない鮮やかな色をした魚や豚の色々な部位、南国ならではの珍しい野菜やフルーツなどが所せましと売られ、歩いているだけでわくわくしてきます。1階の店舗で買った食材を2階の食堂で食べることも可能。, 同じく那覇市内にある栄町市場は、よりローカルな青果店や精肉店が並ぶ食材市場です。こちらは夜になると飲み屋街へと一変。昼と夜で表情を変える市場なんです。沖縄本島北部の本部町にある町営市場は、注目度上昇中。さびれかけていた地元の食材市場の空店舗に若者が革細工の店や自家焙煎のコーヒー店などを開き、今では新旧入り混じった独特の雰囲気が出来上がりました。毎月1回行われる「もとぶ手作り市」はここでしか手に入らないものも出品されるとあって、近隣だけでなく遠くの町からも訪れる人のいる人気イベントです。どの市場でも、地元の人がふつうに買い物したり、一休みしておしゃべりしたりしている姿があります。沖縄の人々の生活の匂いが感じられる場所、ローカル市場。訪れた先で見つけたら、ぜひパトロールしておきましょう。, うつわ好きにはその名がよく知られている「やちむん」。琉球王朝時代から続く沖縄伝統のやきもののことで、どっしりした質感やぽってりとした厚み、大胆な柄に鮮やかな色使いが特徴的です。意外と普段の食卓にもなじみやすく、使い勝手がいいのも魅力。冬の沖縄旅では、やきもの探しもぜひ。, ならば絶対に訪れたいのは沖縄本島中部の読谷村(よみたんそん)にある「やちむんの里」。いわゆる名人と呼ばれる作家や家族で運営する窯など19の工房が集まる、やちむん工芸村のようなところで、ギャラリーやカフェ、体験工房なども併設されています。直売所や共同販売所もあるので、ここを巡ればさまざまな作風のうつわに出合えます。いくつかの工房が共同で使う、大きな登り窯もやちむんの里の象徴的な風景。青い空と登り窯のオレンジの屋根のバランスもなんだか沖縄らしくて、窯元巡り気分が盛り上がります。, やちむんの里だけでなく、読谷村全体で60以上もの工房があるそうです。意欲的な若手作家の工房も増えてきていて、やちむんの進化は止まりません。今日もまた村のどこかで個性あふれるやちむんが誕生しているかも。心ゆくまで探して「マイやちむん」を見つけたいですね。, ある程度の数を購入したいならば、11月から2月にかけての冬季に何度か開催される陶器市が狙いめ。お得に買えるやちむんが並んでいます。, やちむんの里 沖縄旅行をのんびり子連れで楽しむならホテル選びは重要 今までの沖縄旅行では、3つのホテルに宿泊しました。 オキナワマリオット リゾート&スパ(2回) 時間:3月〜10月 9:00~18:00(最終入館17:30) 料金:大人1850円、高校生1230円、小・中学生610円 石垣島も宮古島、どちらの島も自然いっぱいで沖縄本島とはまた違う沖縄の風景を見ることができます。竹富島、小浜島、西表島など有名な島々まで足を延ばすのであれば石垣島、のんびりリゾートを楽しむのであれば宮古島というイメージ。どちらも魅力的な島では 小学生と2歳の子供連れで、 ホテルモントレ沖縄に宿泊しました。 わたしたちが宿泊したのは8月の後半。 夏休みまっただ中だったため、 家族連れでホテルは混雑してました~。 ですが、混雑している時間を避けるように計画を立てると、 子供連れでもホテルを満喫することができます! こちらでのおすすめメニューは「ごまカレー南蛮うどん」。運ばれてきた途端に食欲をそそるスパイシーな香り。食べてみるととってもクリーミーでクセになるお味です。食事の後は豊富なデザートメニューもチェック。見た目のインパクトがすごいのは「特撰サンスーシィパフェ」。背高のっぽなパフェに子どもも大興奮間違いなしです。, 沖縄自動車道の「石川」ICから約5分の場所にある「榮料理店」は、リゾートホテルが建ち並ぶ「恩納村」エリアから車で10分程度とアクセス良好。一見大人な雰囲気で子連れは躊躇してしまいそうですが、実は子連れにとても優しいお店。, お店の奥には広々とした座敷席があり、赤ちゃんを寝かせることもできるし、子ども椅子も貸してくれます。ねんねした赤ちゃんにはタオルケットも貸してくれたり、とても親切でした。 住所:沖縄県南城市玉城字前川202 こちらは名護市にある「しまドーナツ」の姉妹店。ドーナツラスクがのったパフェはこぶりでかわいい♪ レジ横には「しまドーナツ」も販売されているので、ぜひおやつにテイクアウトしてみてくださいね。雑貨スペースのうつわや小物も個性がキラリと光るものばかり。お買い物欲が止まらなくなるので気を付けて。, 古宇利島の高台にそびえる「Restaurant L lota」はガラス張りの絶景レストラン。天気がいい日には、ガラスの向こうに「古宇利大橋」とエメラルドグリーンの海を眺めながら、おいしい食事を楽しめます。, 「Restaurant L lota」は料理もスイーツもとても美味しく、そして盛り付けがとても綺麗。子連れでなかなかこういったレベルのレストランに行くことは、普段なら避けがちです。でも、ここならスタッフの方々がとても親切で、子どもと一緒でも過ごしやすく、美味しいお料理を存分に堪能することができます。 子連れ旅行に関する様々なお役立ち情報を掲載したサイトです。 今回は初めての子連れ沖縄旅行を紹介しています。沖縄旅行の小学生連れ・幼児連れ・赤ちゃん連れに喜ばれるスポットを厳選しています。沖縄旅行を計画されているお父さん・お母さん達の参考になれば幸いです。 URL:http://www.gangala.com/, 迫力ある大きな水槽でおなじみ、沖縄美ら海水族館は、沖縄旅行では欠かすことのできない観光スポット。その高い人気ゆえ、ハイシーズンは大混雑。比較的空いている冬こそ、展示をゆっくり見て回れるチャンスです。水族館は4階から始まり、3階では「サンゴ礁への旅」、2階では「黒潮への旅」、1階では「深海への旅」がそれぞれテーマになっていて、海上から深海へ潜っていくように、展示も進んでいきます。黒潮エリアの大水槽は、訪れた人誰もがシャッターを切るポイント。目の前を全長8.7mのジンベエザメや大きなマンタたちが悠々と泳いでいくのですから、大人でも声を上げずにはいられません。美ら海水族館は海洋博公園の中にある一施設で、まわりにはイルカラグーン、ウミガメ館、マナティー館といった施設もあります。せっかくなら全部を巡って沖縄の海を深く知って楽しみ尽くしたいですね。, 沖縄美ら海水族館 北部エリアは高速道路が通っておらず、車での移動時間がなにかと長くなりがちです。なので、こういう赤ちゃんも少しのびのびさせてあげられるカフェは休憩スポットにピッタリ! 3-2. © 2020 Expedia, Inc. / Expedia Asia Holdings Mauritius / BEX Travel Asia Pte Ltd. All rights reserved. ■定時ガイド:土日祝限定、1日9回/料金:大人300円 11歳と5歳の娘と一緒に3月の沖縄に行ってきました。夏もいいけど春ものんびり遊べてとってもいいです。美ら海水族館・川登りと盛りだくさんの旅行になりま … URL:http://okinawa-nanjo.jp/sefa/, 鬱蒼とした緑が続く森は、亜熱帯の島、沖縄を象徴する存在。ガンガラーの谷もそんな沖縄の自然を体感できるスポットのひとつです。数十万年前まで鍾乳洞だった場所が崩れてできた谷間に広がる森で、ここにはさまざまな樹木や植物が息づいています。またこの森は約1万8000年前に生きていた港川人の居住区だった可能性も高く、今も発掘調査が行われているという考古学的にも重要な場所なんです。ガンガラーの谷を散策するには、ガイドツアーへの参加が必須。ガイドとともに森や洞窟を歩き回っているとアドベンチャー気分も盛り上がります。最後に見られるガジュマルの巨木は、その独特の姿形、大きさ、醸し出す雰囲気、いずれも予想以上で感動しますよ。, ガンガラーの谷の有名スポットといえば洞窟カフェ!大きな鍾乳洞の入口をそのままオープンカフェとして使っている「CAVE CAFE」があります。造ろうと思っても絶対造れない(当り前ですが)、鍾乳石が織りなす洞窟の独特の雰囲気を味わいに行きましょう。高い天井から垂れ下がる鍾乳石の形はダイナミックでなんとも神秘的。そうそう、このカフェで席についていると時折鍾乳石から染み出た水滴が落ちてくるので注意。そんなことも含めてやっぱりスペシャルなカフェなんです。南城市にあり、那覇市からは南へ車で30分ほど。那覇周辺に滞在するなら、一度は行っておきたいスポットです。, ガンガラーの谷 子供と沖縄観光!子連れ沖縄旅行おすすめスポット10選. 暑くまぶしい夏も過ぎて季節は冬。冷え込んで縮こまってしまいそうならば、さあ出かけましょう、沖縄へ。年間でもっとも寒いといわれる1月でも、那覇の平均気温は16度前後。同じ時期、東京は6度です。暖かい沖縄でのんびり冬の一日を過ごせば、心も体もほぐれてくるはず。, ハイシーズンを避けることで、人気の観光スポットも混雑なしに巡れるというメリットもあります。夏はビーチメインで忙しくてできなかったあれこれもじっくり楽しめますよ。何より夏に比べて断然お得な旅行代金も、冬の沖縄旅の後押しをしてくれます。それでは冬の沖縄本島の楽しみ方、10通りまとめてご紹介します。, 他の季節では体験できない期間限定アクティビティ。それが、ホエールウォッチングです。夏の間食料の多いベーリング海付近まで北上しているザトウクジラたちは、冬場になると出産や子育てのために、温かい沖縄の海を目指して南下してきます。沖縄周辺の海で彼らの姿を目撃する確率はなんと90%以上だとか。この時期、沖縄ではホエールウォッチングのツアーがたくさんあり、これに参加すれば船でクジラの出没ポイントまで連れて行ってくれます。野生のクジラをこの目で見るチャンス、しかも遭遇率が高いというのが沖縄でのホエールウォッチングの魅力です。全身をひねりながらダイナミックにジャンプを披露する「ブリーチング」を見られたらラッキー。船酔いに打ち勝って、迫力あるクジラの姿を目撃してください。, 冬は星空観察に絶好のシーズンといわれます。空気が乾燥していて大気中の水蒸気が少ない冬は、空が霞まず星がよく見えるのです。加えて周囲に灯りのある建物などの障害物がないのもきれいな星空を見るための大事な条件。冬の沖縄はその条件を満たす場所がたくさんあります。突端にある岬や周囲に集落のないビーチ沿いなどは視界が開けているので星を観察しやすいでしょう。沖縄本島最北端の辺戸岬(へどみさき)は、自然に囲まれており、水平線近くまで星が見えると人気のスポット。本島中部絶景スポット万座毛(まんざもう)は星空観察にも◎です。, ただそういったところはいずれも街灯がないので運転や歩く際には気を付けて。送迎付きでよく見えるスポットまで連れて行ってくれるツアーやガイドの案内付きのツアーも組まれているので、そちらを利用すると安心です。, 沖縄まで来たら海遊びはあきらめきれないという方に。冬は波が高く遊泳禁止区域も多いですし、さすがに水着で海水浴は厳しい。でもウェットスーツを着た近場のスノーケリングやダイビングならば十分楽しむことができます。一般に水温の下がる冬のほうがプランクトンの発生が少ないので、海中が澄んでいるといわれます。かの有名な青の洞窟も冬場はより透明度が増すとか。, 夏場は渋滞して20~30分待ちもざらだという洞窟への道のりも、冬なら混雑知らず。自分のペースで海中遊覧を楽しめます。また人が少なめなので、舞い上がる海中の砂やダイバーの吐く息も少なく、海中が見通しやすいというメリットもあるのだそう。ただ冬季は北風の影響による高波のため、洞窟内に入れない日もあるので注意が必要です。, 冬だとさらに楽しめること、たとえばドライブ。強すぎない日差し、渋滞していない道路は運転しやすさもぐんとアップ。沖縄が誇る海岸沿いの絶景ルートを堪能できます。那覇市から南へ車で50分ほど、南城市にあるニライカナイ橋は、アップダウンとカーブが繰り返される曲線美がポイントです。橋の全景を見下ろす展望台から橋のカーブの美しさを堪能し、傾斜のついた橋の道路を走って突然青い海が現れる驚きに出合う、二度おいしいニライカナイ橋です。ここからは聖地、斎場御嶽もすぐです。, 沖縄本島から日帰りできる離島に足を延ばすのもいいですね。北部の今帰仁村にある古宇利島と本島を結ぶ古宇利大橋は、一直線に続く全長1960mの長い橋で、沖縄を代表する人気ドライブルート。エメラルドグリーンの海の上を渡っていく爽快ドライブが楽しめます。ほかに道の駅ならぬ海の駅がある、うるま市の海中道路や本部町にある瀬底島と本島とを結ぶ全長762mの瀬底大橋などもおすすめです。, 夏のように強烈な日差しに悩まされず、気楽に日中の散策ができる冬の沖縄。この機会にじっくりと沖縄の史跡も巡りたいですね。沖縄県内には9か所ある世界遺産のうちのひとつ、斎場御嶽へ行ってみましょう。御嶽(うたき)とは、沖縄における聖地、祈りの場所の総称。斎場御嶽は御嶽の中でも最高位の場所であり、琉球王朝時代には国家的な祭事が行われていたところです。東には神の島と呼ばれる久高島(くだかじま)を望む位置にあり、王はここから東に向かって祈ったといいます。, 斎場御嶽の中にある6つの神域のうち、三庫理(サングーイ)は、とくに印象的。ふたつの石が支え合うようにして立っているその間に三角形の空間が生まれ、そこを通り抜けると拝所がある設計になっています。斎場御嶽内は岩と濃く茂る緑で満たされながら差し込む光も神々しく、知らず心静かになる空間です。, 開放時間内は、いつでも訪れることができますが、時間が合えばガイドツアーに参加してみましょう。神話や歴史についての話を聞きながら巡ると、この場所の持つ意味と神聖さがより深く理解できるはず。, 斎場御嶽 禁煙席あるかな、離乳食は持ち込んでいいかな、子どもが食べられるものはあるかな、など不安や心配は絶えません。 沖縄で2泊3日、のんびり旅. 沖縄離島特集. 子ども用の椅子や食器の用意はありますが、キッズスペースがあったり、キッズメニューがあるわけではありません。でも私は子どもたちと来店した時に、とても過ごしやすく、気持ちのいい接客をしていただき、すっかりファンになってしまいました。, 沖縄愛が止まらない東京在住ライター。2人の怪獣男児と沖縄を旅しながら、子連れにやさしいお店や宿、旅行テクニックを蓄積中。著書「子連れで沖縄 旅のアドレス&テクニック117 」, ライセンス取得、ファンダイブ、体験まで沖縄のダイビングならオーシャンズダイブツアー, 沖縄ラボは、沖縄をすみずみまで、思いきり楽しむためのウェブメディア。 1-2.浮島ガーデン2.中部エリア もここでは肉なし! 肉に見えるのはなんと島豆腐なんです。連日の外食で疲れた胃にやさしいお料理がいただけるので、旅の後半に重宝します。また、食物アレルギーのあるお子さんにもオススメ。厨房には卵や乳製品は一切なく、小麦の利用も限られているので、我が家の卵&乳アレルギー持ちの長男も安心して食事ができました。予約の電話をする際に相談してみてくださいね。, 沖縄自動車道の「北中城」ICから約5分の場所にある「SANS SOUCI(サンスーシィ)」は、外人住宅を改装したおしゃれなカフェ。店内にはキッズルームがあり、その中央にはキッズスーペース。そこを囲むようにカウンター席が配置されており、おもちゃで遊ぶ子供を見ながら親はゆっくり食事を楽しむことができます。ハイローチェアも置いてあるので、ねんねの赤ちゃんもうれしいですね。 子連れで沖縄に移住したブロガーの中川(@nakagawahitoshi)です。 最近「子連れで沖縄移住を検討しているから相談にのってほしい。」という当ブログの読者さんからのメールがありました。 というわ … 休み:なし 冬はどこに行っても寒いし、旅行は大変だなと思っている方へ。薄手のシャツでok、比較的暖かい沖縄に行ってみませんか?沖縄は夏だけじゃありません。冬は過ごしやすい気候で、旅行代金も安め、混雑も少なく、穴場です!それでは、冬の沖縄のおすすめスポットをご紹介しましょう。 休み:旧暦の5月1日~3日と10月1日~3日 飛行時間やお子様の年齢別おすすめ旅行先リストや海外子連れ旅行に役立つ情報をご紹介。飛行機での過ごし方、持ち物、プランの立て方などはじめての家族で行く海外旅行で知りたいことに … 2014年3月 アリビラ泊・子連れ沖縄旅行記. 住所:沖縄県中頭郡読谷村座喜味2653-1 喧騒から遠く離れて、ゆっくりと流れる「島時間」をのんびり楽しみたい人に、おすすめなのが沖縄の離島。今回は、それぞれ個性的な離島を紹介します。 卵や肉などの動物性食品を一切使っていないため、沖縄の定番ソウルフード「タコライス」 Restaurant L lota(エルロタ), 「南城市」の高台にある絶景カフェ「ピザ喫茶 ミモザの木」は2016年8月にオープンしたニュースポット。店内には靴を脱いであがるため、よちよち赤ちゃんがいても安心です。席は2階部分なのですが、1階には6名以上で貸切予約ができる個室があり、こちらは部屋からお庭に出ることができて子連れ向き。予約がない日は一般利用も可能なので、来店時に相談してみてくださいね。, こちらの自慢は店名通り「ピザ」! 県産野菜やチーズがたっぷりのったピザはボリュームたっぷりなので、家族で分け合って食べましょう。サラダやパスタメニューもあります。もちろんカフェ利用もOKなので、絶景のテラス席でコーヒーを飲みながら休憩、なんていうのも◎。, 国際通りから一本入った「浮島通り」沿いにある「浮島ガーデン」は、食材にこだわったヴィーガン料理を楽しめる古民家レストラン。1階はテーブル席ですが、2階は座敷になっています。子連れに人気なので、座敷席希望の場合は早めに予約するのがベター。 家族で行きたい沖縄子連れ旅行!プランニングはゆとりをもって! 沖縄縦断!観光プラン2泊3日; のんびり沖縄満喫プラン2泊3日; 沖縄子連れ旅行の予算相場って?予定外の出費とは!? まとめ 沖縄観光でダントツ人気のあのスポットから、動物園、伝統工芸体験ができるスポット等々、子どもの好奇心を刺激する、ファミリーで味わえる沖縄おすすめスポットを10選紹介します。 同意されたものとみなします。利用規約, 掲載されている記事内容は、掲載日時点での情報です。価格、イベントの日程、場所等は変更される場合がありますので、ご旅行の際はご自身で最新の情報をご確認下さい。エクスペディアはいかなる情報の完全性、正確性を保証するものではありません。. 入館料:大人300円、小・中学生150円 沖縄の原風景を残しているところも多く のんびりしたいなら離島旅行がおすすめです。 子連れ の場合も、 普段の生活から離れて のんびりと家族の時間を楽しむなら 離島旅行 もぴったりです! 運営は、現地体験や高速バス等の予約サイトを運営するオンライントラベル株式会社です。, 私たちは、多くのお客さまの沖縄旅行のお手伝いをしてきました。 これまでの沖縄は美ら海水族館などがある沖縄中部に行くことが多かったのですが、今回は小さい子ども2人連れということもあり、那覇から近い南部でゆっくり過ごすことに。 糸満のゲストハウスを拠点に2泊3日を過ごしました。 子連れ旅行で心配なことのひとつである “外食” 。 転職が決まり有休消化中のdycanaです。 先日家族で3泊4日の沖縄旅行に行ってきました。 この時期は暑すぎることもなく、晴天にも恵まれ快適でした。 で、今回の旅行では沖縄らしい観光地はほとんどめぐりませんでした。 唯一行ったのは美ら海水族館くらいです。 沖縄は、暖かく海のきれいなビーチがあるリゾート地とも呼べる場所ですね。ファミリールーム対応や子連れに優しいホテルも多く、家族旅行の場所としてもおすすめです。沖縄といえば『夏』のイメージがあるかもしれませんが、夏だけではありません。 沖縄歴9年の移住サラリーマン。子育て奮闘中の"沖縄移住クッキングパパ"。料理担当、ほかの家事はダメダメ。子連れでもいける美味しいグルメの食べ歩き、飲み歩きが好き。沖縄移住や観光、沖縄好きなひとにリアルな情報を発信中! 子連れ旅行に関する様々なお役立ち情報を掲載したサイトです。 今回は子連れで沖縄旅行を計画したときに、おすすめのホテル3社をご紹介しています。家族旅行を計画されているお父さん・お母さん達の参考になれば幸いです。 沖縄県南部の宿Rental Villa Luana Waioli...4名で泊まってもゆとりのある、リビングのある広々お部屋! お休みは和室にお布団で!小さな子供連れの家族旅行におすすめ! キッチンも充実!バストイレ別!隣 … けれど、沖縄の魅力は――海・緑・生き物・文化・歴史・食――数え切れず、まだまだ伝えきれていない魅力があります。また、一度も沖縄へお越しになっていない方も、大勢いらっしゃいます。, そこで、もっと沖縄を好きになってもらいたい、足を運んでほしいと思い、この「沖縄ラボ」を立ち上げました。 「国際通り」近くの「浮島通り」沿いに佇む趣ある古民家オーガニックレストラン「浮島ガーデン」。 すべてヴィーガンメニューで、卵や乳製品、肉は一切使いません。こだわりの無農薬野菜や島豆腐を使った料理はヘルシーで、外食疲れしたおなかにも優しい♡ 赤ちゃん連れのご家族には2階の座敷席がおすすめです。人気席なので予約は忘れずに。 レジ横にはオーガニックお菓子や沖縄産調味料などこだわりのアイテムが並んでい … 1-1.ピザ喫茶ミモザの木