無免許運転をした自分自身が受けた損害は保険適用外. 無免許運転の場合の過失割合 事故に巻き込まれると身体的な苦痛のほかに、ただでさえ今後のことが不安で仕方ないのに、よりによって事故の相手が無免許運転だった場合、どうなってしまうのでしょうか。 ・相手の保険はおりるのか つまり「無事故無違反」の無事故とは人身事故がゼロという意味であり、通常の物損事故では点数は加算されません。 したがって点数の計算において無事故となるならば、事故を起こしていないということと同じになるわけです。 ①加害者が自賠責保険には加入しているが、任意保険には加入していない場合 2. 交通事故を起こした加害者は、被害者に対する損害賠償のことはもちろん、加害者が負う法的責任も知っておく必要があります。そこで今回は、交通事故を起こした加害者が知っておくべき3つの法的責任を … 無免許運転の事故の被害者となった人は、まず加害者が加入している自賠責保険から補償がされます。 自賠責保険では 傷害による損害(入通院や治療、休業損害など)…被害者1名あたり最大120万円 刑事事件や弁護士の情報を検索中の方へ。交通事故で死亡事故を起こしてしまった...懲役刑の実刑判決を受けて刑務所に入ってしまうの?執行猶予はつかないの?刑期はどれくらい?交通事故で死亡事故を起こしてしまった人が浮かぶ疑問を徹底解説します。 基本的に、無免許運転で事故を起こした場合、加害者側に保険がおりることはありません。これは、無免許運転による交通違反で、保険適用外となってしまうからです。もっとも、被害者には、被害者保護の観点から保険がきちんとおります。 台風並み暴風 猛吹雪にも警戒を 無免許運転で運転者自身が起こした事故でケガをしたときは、任意の自動車保険に加入していたとしても、人身傷害補償保険、搭乗者傷害保険、自損事故保険などの自動車保険はいずれも適用されませんし、運転していた自動車に損害があっても車両保険で保険金を受け取ることはできません。 new! 無保険には2種類あります。 1.   交通事故の加害者が保険に入っていない「無保険」の場合、被害者はどうしたらいいのでしょうか。今回は、無保険の加害者との示談交渉、慰謝料などの損害賠償請求、ひき逃げなどで加害者が誰か分からない(不明)場合などについて弁護士がわかりやすく解説します。 無免許運転で事故を起こし、他者を巻き込んでしまうケースが後を絶ちません。 ここでは無免許運転で逮捕された場合の罰則や欠格期間、同乗者の罪などについて解説します。 保険金が支払われないのは、飲酒運転をしていた加害者本人にかけられた補償です。飲酒運転をして交通事故を起こしたならば、起こした本人の負傷の治療費や壊した自動車の修理費などは、いくら高額の任意保険に加入していても支払われません。 無免許運転絡みになりますと、免許を取得したことのない未成年者による事故が多くなりますが、賠償責任は成人と同等であると定められています。, 加えて、無免許者の事故でも被害者救済は約束されていますので、被害者は加害者あるいはその親権者と丁寧に交渉して補償してもらうようにしましょう。, 交通事故弁護士ナビは、交通事故問題が得意な弁護士を探して相談できるサイトです。保険会社との示談交渉・後遺障害認定・過失割合・損害賠償請求の方法など、交通事故に関する豊富な基礎知識コンテンツも用意しており、交通事故に関する様々な法律知識を身に付けることもできます。, 交通事故弁護士ナビTOP / 弁護士を探す / 交通事故コラム / 弁護士向け資料請求. 愛知で431人感染 初の400人超 「無免許運転をしてはいけない」というのは周知の事実です。しかし、実は無免許運転の同乗者にも重い責任が課せられる場合があるのですが、こちらはあまり知られていません。自分で無免許運転をすることはなくても、以下のような事例でヒヤリとする方はいるかもしれません。 ただし、無免許運転や酒気帯び運転、30キロ(高速道路は40キロ)を超えるスピード違反など道路交通法に違反をしつつ事故を起こした場合には、執行猶予なしの懲役刑・禁固刑に処せられることもあります。 ... 交通 死亡事故 加害者. 無免許運転による事故の加害者が被った損害は自動車保険では補償されない まずは、自分が無免許運転で事故を起こしてしまい、相手方の損害を賠償しなければならないケースについて考えてみましょう。 無免許になっていたのか、もともと運転免許を持っていなかった=免許を取得したことは 一度もなかったのかでこれも出方が変わるでしょ。 276 : 無責任な名無しさん :2017/07/07(金) … 交通事故を起こした加害者は、被害者に対する損害賠償のことはもちろん、加害者が負う法的責任も知っておく必要があります。そこで今回は、交通事故を起こした加害者が知っておくべき3つの法的責任を … 交通事故の加害者になってしまった...死亡事故を起こすなんて... こんなとき、その後の人生はどのようになってしまうのでしょうか。実際にあった事例に基づいて、慰謝料や香典、謝罪など被害者への対応、交通死亡事故の刑罰、仕事や苦悩など、加害者のその後の人生をまとめました。 概要 事故の経緯. ②加害者が自賠責保険も任意保険も加入していない場合 人身事故では、自賠責保険から最低限の損害賠償が補償され、その限度額を超える損害が任意保険によって補償されます。 任意保険に加入していない、①の場合は、自賠責保険の限度額を超える部分を加害者本人に請求することになります。 さらに自賠責保険にも加 … 幸姫さん含め3人が死亡、7人に重軽傷を負わせた重大事故を起こした少年たち。ハンドルを握っていた少年a(当時18才)は居眠り運転のうえ無免許。しかし危険運転致死傷罪には問えず、刑の軽い過失運転致死傷罪での立件となった。 交通事故の加害者が保険に入っていない「無保険」の場合、被害者はどうしたらいいのでしょうか。今回は、無保険の加害者との示談交渉、慰謝料などの損害賠償請求、ひき逃げなどで加害者が誰か分からない(不明)場合などについて弁護士がわかりやすく解説します。 交通事件 : 無免許運転 について、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所が解説します。 ~事例~ 会社員のaさんは、違反点数の累積により、免許停止の処分を受けていましたが、免許停止期間中に、やむを得ない理由により、家族の車を使って運転することになりました。 交通事故は突然やってくるのもですが、ある日、あなたが交通事故に遭い、その相手方が無免許運転や飲酒運転だった場合、あるいは「ひき逃げ」の被害者となり、加害者の特定が困難な場合など、保険や賠償はどのようになっているのかをここで確認しておきましょう。 無免許運転は非常に危険で悪質です。万一、無免許運転による事故に遭って後遺障害が残ったり死亡したりした時相手に対してはどのような請求をする事ができるのでしょう?今回は無免許運転の交通事故被害者になってしまった場合の対処方法について解説します。 未成年の無免許運転が起こした事故関連です。 18歳の無免許の少年が車を運転して歩行者を轢き殺すという人身事故を起こした場合、以前も説明しましたが、この車の保険が使えれば、賠償についてはとりあえず大丈夫です。 事故を起こせば、運転者は賠償責任を負います。被害に遭えば運転者は加害者に慰謝料請求でき保険も適用されます。このような事故時の運転者にまつわる事柄はよく知られています。では、同乗者の扱いはどうなっているのでしょうか。今回は賠償責任・慰謝料請求 逮捕容疑は4日午後3時ごろ、徳島市徳島本町1の国道で乗用車を無免許運転したとしている。 署によると、男は友人が借りたレンタカーを返却するため、1人で運転して店を訪れた。支払いの際に店員とトラブルになり、自ら警察に通報。 自動車を利用・運転している限り、いつ交通事故に遭ってもおかしくはありません。自分自身はしっかりと気をつけ、交通ルールを守っていたとしても、被害者になる可能性もあります。また、実は加害者は、無免許運転であることも、少なくありません。, 無免許運転の場合、重大事故を引き起こしやすく、仮に軽い事故ですんだ場合でも、無免許運転を知られたら困るため、逃走を図ったりするケースもあります。また、無免許運転の車に同乗していた場合は、罰則を受けるケースもあります。, では、無免許運転で被害者になってしまった場合、初期対応ですべきことはどんなことでしょうか。, 基本的には、通常の交通事故後のフローと同じです。ただし、無免許運転の場合は、逃走の可能性があるため、相手方の連絡先を確認することや、証拠をおさえておくことが重要となります。, また、負傷者が入る場合は救急車にも連絡しましょう。警察に報告する際、少しでも体が痛む場合は、その旨もしっかりと伝えるようにしましょう。後々で体に痛みが発生した場合には、手続き上人身事故として処理をし直さなければいけません。また、保険会社も物損事故の場合は、医療費や損害賠償などをもらえなくなってしまう可能性があります。このような自体を防ぐためにも、少しでも体に変化を感じる場合は、人身事故として処理してもらいましょう。, 先にお伝えした通り、無免許事故の場合は、逃走の可能性が高くなってしまいます。したがって、相手方からの情報をしっかりと得ておくことが重要です。, 具体的には、住所・氏名・電話番号・保険会社の名前(自賠責・任意保険)などを確認しましょう。, これ以外にも、事故車の状態を確認しておくことも大事です。メモを取ることができない状態の場合は、スマホのカメラで損傷部分などをおさめておけば良いでしょう。, どこでブレーキを踏んだのか、どのあたりでぶつかったのかなどを、メモなどに書いておくと現場検証をスムーズに行うことができます。, 目撃者を確保しておくことで、交通事故における加害行為の態様が明らかになり、過失割合を計算する際に有力な証拠となるケースもあります。, 可能であれば、目撃者の連絡先を聞いておくのもよいでしょう。もっとも、交通事故後は気が動転していることが多く、たくさんのことを考えられなくなってしまいます。ですので、絶対ではなく「できる範囲」で証拠を確保しておくことが重要です。, このように、まずは警察に連絡することが大切です。警察が到着するまでの数分間の間は、できる範囲で行動を起こすようにしましょう。, 無免許運転と一言でいいますが、実はいくつか種類があります。以下、理解しておきましょう。, まず、一度も免許を取得したことがない場合は、「純無免許運転」と判断されます。未成年で運転できる年齢に達していないケースなどは、こちらの分類となります。, 次に、「取り消し無免許」です。こちらは、その名の通り、交通違反などで免許取り消しの認定を受けたのにも関わらず、運転してしまった場合を指します。これと似たケースでは、「停止中無免許」があります。免許を有効に取得したものの、違反の累積などにより免許の効力が停止しているケースです。, 最後に、「免許外運転」です。これは、車種に対応した免許を取得していなかった場合を指します。オートマ限定の場合に、ミッション車を運転した場合や普通自動車免許で大型バイクを運転した場合などが当てはまります。, このように、無免許運転といっても、いろいろと種類があります。念のために種別についても理解しておきましょう。, 無免許運転の罰則について、加害者と同乗者を順に見ていきましょう。刑事罰と行政罰の両方が課せられることになります。, まず、通常の過失運転致死傷罪が適用される場合は、「7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金」(自動車運転処罰法5条)が課せられる可能性があり、無免許の場合は、罰則が過重され、「十年以下の懲役に処する。」と規定されています。, 次に、純無免許などで、そもそも運転する技能を持ち合わせていないケースでは、危険運転致死傷罪が適用されます。この場合、「技能を有しないで自動車を走行させる行為」にあてはまり、人を負傷または死亡させてしまった場合には、「1年以上の有期懲役」(自動車運転処罰法2条2項)が課せられる可能性があります。また、飲酒運転かつ無免許運転であった場合は、罰則が過重されており、最大で「15年以下の懲役」が課せられる可能性があります(同法6条参照)。, 道路交通法上は、無免許運転のみで、「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」(同法117条の2の2第1項)が科せられる可能性があります。, 同乗者に関しても、道路交通法条の罰則が規定されています。 具体的には、無免許であることを知りながら、同乗した場合、「2年以下の懲役または30万円以下の罰金」(117条の3の2第1項)が科せられる可能性があります。同乗だけでなく、送迎の依頼をした場合にも罰せられます。この他には、運転車両の提供をした場合に、「3年以下の懲役または50万年以下の罰金」が科せられる可能性があります。, このように、加害者だけでなく、加害者側と考えられる同乗者にも罰則が規定されています。仮に、被害者になった場合は、同乗者に対する損害賠償請求も想定できます。同乗者にも過失があると考える場合は、弁護士に相談してみましょう。, 次に、被害の賠償について見ていきます。自賠責や任意保険で、医療費や損害賠償はカバーしてもらえるのでしょうか。, では、無免許運転で被害者になってしまった場合、相手方の保険は保障してくれるのでしょうか?, 基本的に、無免許運転で事故を起こした場合、加害者側に保険がおりることはありません。これは、無免許運転による交通違反で、保険適用外となってしまうからです。もっとも、被害者には、被害者保護の観点から保険がきちんとおります。具体的には、自賠責保険や対人・対物賠償保険が適用されます。ですので、無免許運転の被害者になってしまったからといって、相手方の保険会社への請求は諦めないでください。, このように、無免許運転の被害者の場合でも、相手方の保険からの保障はあります。事故の際は、相手方の連絡先と一緒に保険会社の名前も聞いておきましょう。, 先述したように、加害者に保険はおりません。これは自らの落ち度が大きいため仕方ありませんが、加害者側の同乗者にも保険は適用されないのでしょうか。, 交通事故の場合、被害者だけでなく、加害者側も怪我をすることや車両が損傷することは十分に考えられます。そして、加害者側に同乗者がいた場合には、同乗者が怪我をしても保険による救済は得られない可能性があります。具体的には、無免許での運転を知っていた場合は、保険適用外または減額となります。これは、運転者の無免許運転を知っている場合、止めるべき義務や同乗しないという選択肢もあったと考えられるため、運転者と同様に過失ありと判断されるからです。, このように、同乗者には保険がで起用されない可能性があります。仮に知らなかった場合であったとしても、知り得たと判断された場合は減額の可能性がありますので、この点で納得ができない場合は弁護士に相談してみましょう。, 最終的に、保険会社から損害賠償額については相談があります。損害賠償額について納得できる金額を提示してくれた場合は、そのまま交渉に応じ早期の解決を図るべきでしょう。, しかし、損害賠償額について納得できない場合は、一度専門家に相談することも大事です。任意保険の場合、交渉相手は保険会社でプロです。何度も示談をまとめています。また、できるだけ損害賠償額を安く抑えようとしている場合もあります。そのため、実際にもらうべき損害賠償額よりも低い額で納得させられてしまうこともあるのです。, このような事態を防ぐためにも、「何かおかしいな?」と思った時は、専門家である弁護士に相談する選択肢があることを心に留めておいてください。最近では、初回相談は無料の法律事務所もあります。相談することは決して損にはなりませんので、専門家の助言をもらうようにしてください。, 弁護士に相談することで、これらの問題の解決が望めます。 保険会社任せの示談で後悔しないためにも、1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。, 全国対応の「交通事故専門チーム」によるサポートが特徴の法律事務所です。まずは、交通事故専門チームによる「慰謝料無料診断」をご利用下さい。, むち打ちの治療、通院期間、治療打ち切り、後遺障害認定、慰謝料相場に関して分かりやすく解説します。. 免許更新「平成35年」は令和何年? 平成表記で「うっかり失効」まだ多い コロナ禍で混乱する人も続出, モーリシャスで座礁 「社員17人」の小さな会社は莫大な賠償金を支払えるのか――2020 BEST5, 「アダルトサイトの未納料金がある」架空請求で1億円騙された男性、お金は取り戻せない?, なぜ軽微な違反に厳しく危険な「あおり運転」は注意のみ? 警察対応にユーザー不満募る, 多発する性犯罪……“示談の相場”はいくら? 弁護士が解説する「ドキュメント 示談の現場」, 自動運転化の加速で「自動車保険」も変革の時! 責任の所在が曖昧な事故への対応とは?. 交通事故は突然やってくるのもですが、ある日、あなたが交通事故に遭い、その相手方が無免許運転や飲酒運転だった場合、あるいは「ひき逃げ」の被害者となり、加害者の特定が困難な場合など、保険や賠償はどのようになっているのかをここで確認しておきましょう。 未成年の無免許運転が起こした事故関連です。 18歳の無免許の少年が車を運転して歩行者を轢き殺すという人身事故を起こした場合、以前も説明しましたが、この車の保険が使えれば、賠償についてはとりあえず大丈夫です。 事故を起こしたドライバーの無職の少年は自動車やバイクの運転免許取得歴がなかったが、以前から無免許運転を繰り返していた 。 事故の約2年前には暴走族として無免許でバイクを運転し、集団暴走の道路交通法違反容疑で逮捕され、家裁で保護観察処分を受けていた 。 交通事故の加害者になってしまった...死亡事故を起こすなんて... こんなとき、その後の人生はどのようになってしまうのでしょうか。実際にあった事例に基づいて、慰謝料や香典、謝罪など被害者への対応、交通死亡事故の刑罰、仕事や苦悩など、加害者のその後の人生をまとめました。 【亀岡無免許事故】被害者家族がカッコよすぎる!!!! 皆さんもご存知かもしれませんが、無免許運転は犯罪です。無免許運転には、一度も自動車免許を取得していない人の運転だけでなく、免許取得の経験があっても、運転免許停止中や取消された人の運転も含まれます(免許不携帯の罰則はまた異なります)。 2013年11月8日. 「加害者少年に対しては殺したろかという感じ」 23日朝、京都府亀岡市で集団登校中の小学生の列に軽乗用車が突っ込んだ事故で京都府警は 無免許事故の被害に遭った、無免許事故を起こしてしまった場合の補償内容や罰則について解説!加害者側の免許有無に関わらず被害者側には保険が適用される内容や、加害者が未成年者だった場合の知識を、予め把握しておくべきです。 無免許事故(むめんきょじこ)とは 、運転免許証を取得していない、あるいは有効期限の切れた免許証で自動車を運転し、交通事故を起こすことをさします。. 無免許運転者はモラルが低い場合が多く、交通事故後に逃げられたり、連絡が取れなくなるといったことが有り得る; 無免許運転者が未成年でも、本人が賠償責任を負う; 無免許運転者との連絡が取れなくなったら、弁護士へ相談 交通事故を起こした加害者が飲酒運転をしていた時には、任意保険の損害賠償金が支払われないという都市伝説を見聞きした人がいるのではないでしょうか。 これはある意味では本当のことですが、実は間違いです。 保険金が支払われないのは、飲酒運転をしていた加害者本人にかけられた補償です。飲 … 「無免許運転をして事故を起こしてしまった」「事故の相手方が無免許運転だった」。これらの場合に、自動車保険では、どのように損害が補償されるのでしょうか。無免許運転による事故と自動車保険の関係を解説します。プロのアドバイスが満載! 2013年11月8日. 交通事故に巻き込まれてしまった。相手は無免許運転!無免許の人は保険に入っているの?自賠責保険はどうなるの?そんな災難に遭ってしまった方もこの記事を読んで解決です!ここでは自賠責保険や政府の保障事業への対応方法を丁寧に解説していきます。 (C) 2021 ASIRO Inc. 事故を起こしたドライバーの無職の少年は自動車やバイクの運転免許取得歴がなかったが、以前から無免許運転を繰り返していた 。 事故の約2年前には暴走族として無免許でバイクを運転し、集団暴走の道路交通法違反容疑で逮捕され、家裁で保護観察処分を受けていた 。 new! 無免許運転者はモラルが低い場合が多く、交通事故後に逃げられたり、連絡が取れなくなるといったことが有り得る; 無免許運転者が未成年でも、本人が賠償責任を負う; 無免許運転者との連絡が取れなくなったら、弁護士へ相談 無免許運転で運転者自身が起こした事故でケガをしたときは、任意の自動車保険に加入していたとしても、人身傷害補償保険、搭乗者傷害保険、自損事故保険などの自動車保険はいずれも適用されませんし、運転していた自動車に損害があっても車両保険で保険金を受け取ることはできません。 ただし、無免許運転自体が事故発生の原因ではなく、運転技術が乏しかったことが事故の原因になるのだと思います。したがって、その事案に即して、無免許運転者にどういった落ち度があったのかを具体的に主張する必要があります。 無免許運転で事故を起こしてしまったら「自動車保険」は使用できる? 結論からいうと「使用できます」 ただし、条件があり、あくまで無免許運転で事故を起こした場合の補償範囲は 「事故の被害者」に限 … 大阪は新規感染607人 過去最多 new! 「無免許運転をしてはいけない」というのは周知の事実です。しかし、実は無免許運転の同乗者にも重い責任が課せられる場合があるのですが、こちらはあまり知られていません。自分で無免許運転をすることはなくても、以下のような事例でヒヤリとする方はいるかもしれません。 概要 事故の経緯. 無免許運転で事故を起こしてしまったら「自動車保険」は使用できる? 結論からいうと「使用できます」 ただし、条件があり、あくまで無免許運転で事故を起こした場合の補償範囲は 「事故の被害者」に限 … 無免許運転の事故の被害者となった人は、まず加害者が加入している自賠責保険から補償がされます。 自賠責保険では 傷害による損害(入通院や治療、休業損害など)…被害者1名あたり最大120万円 無免許運転は非常に危険で悪質です。万一、無免許運転による事故に遭って後遺障害が残ったり死亡したりした時相手に対してはどのような請求をする事ができるのでしょう?今回は無免許運転の交通事故被害者になってしまった場合の対処方法について解説します。 無免許運転の場合の過失割合 事故に巻き込まれると身体的な苦痛のほかに、ただでさえ今後のことが不安で仕方ないのに、よりによって事故の相手が無免許運転だった場合、どうなってしまうのでしょうか。 ・相手の保険はおりるのか 交通事故の加害者側が、任意保険に加入していないかった場合、まず初めに加害者側の資力を調査することが重要です。 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 このように、無免許運転は他の交通違反に比べてかなり重い罰が科せられることになりますが、さらに無免許の状態で事故を起こしてしまったらどうなるのでしょうか? すでに説明したように、無免許運転の場合は道路交通法違反で「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」が科せられるほか、行政処分の違反点数25点が加算されます。それに加えて、事故の被害の状況に応じてさらに重い刑事罰が科せられたり、以下のように相手の被害の程度によって加算される点数が増えることになります。 なお、無免許 … 人身事故のときの点数、罰金、免停、免許取消しといった行政処分、刑事処分についてわかりやすくまとめました!これをお読みになって事故防止、安全運転へ! 22歳男です。2日前に事故にあいました。私は無免許(純無免許)です。正直に警察に話しました。罰金としばらくは免許取得出来ないだろうと言われました。車は親の名義で親には免許を持っていると嘘ついていました。親は私が免許を持って 交通事故に巻き込まれてしまった。相手は無免許運転!無免許の人は保険に入っているの?自賠責保険はどうなるの?そんな災難に遭ってしまった方もこの記事を読んで解決です!ここでは自賠責保険や政府の保障事業への対応方法を丁寧に解説していきます。 無免許運転の保護法益は、 道路交通法の目的である交通の安全 だと考えられます。 車の運転は、一度事故を起こすと、人の生命・身体に重大な悪影響を及ぼします。 そして、無免許運転は類型的に交通事故につながりやすいといえます。 そもそも「無免許運転」とは?どんな種類があるの? 無免許運転での自動車保険について解説する前に、まずは無免許運転について確認しておきましょう。 無免許運転とは誰もが知っての通り、免許を持たずに運転する違反行為です。無免許運転の種類は4種類あり、以下の通りです。 少年が運転する車に任意保険や自賠責保険が掛けられていれば、少年が無免許運転でも被害者保護の観点から保険金は払われます。建物など物損の賠償は、任意自動車保険の対物賠償責任保険から保険金が支払われます。交通事故に精通した弁護士にご相談ください。 建設労働災害で死亡事故の相談を受けました! 加害者は無免許でバックホーを運転していてヘルメットを着用していない作業員と接触し事故を起こしました! わざととかではなく起こりました 遺族側との示談は誠意でついており 無免許運転を行って交通事故を起こし、加害者自らがケガをするなどの損害を被った場合、加害者自身の損害については自動車保険による補償を受けることができません。 ただし、無免許運転自体が事故発生の原因ではなく、運転技術が乏しかったことが事故の原因になるのだと思います。したがって、その事案に即して、無免許運転者にどういった落ち度があったのかを具体的に主張する必要があります。 無免許事故では大事故になるケースが多く、また、その多くの属性は未成年者と 80 歳以上の高齢者; 無免許事故は、加害者の過失として認定される(増額事由)により、慰謝料の増額が見込める事案となる; 無免許事故の加害者の車両の同乗者にも責任を問える 無免許事故の被害に遭った、無免許事故を起こしてしまった場合の補償内容や罰則について解説!加害者側の免許有無に関わらず被害者側には保険が適用される内容や、加害者が未成年者だった場合の知識を、予め把握しておくべきです。 無免許事故(むめんきょじこ)とは、運転免許証を取得していない、あるいは有効期限の切れた免許証で自動車を運転し、交通事故を起こすことをさします。, ニュースや新聞でよく、交通事故を起こした加害者が無免許運転をしていたと報じられることがあります。もちろん、交通事故そのものは軽くない罪でありますが、これが無免許事故になると、より深刻な罪として見なされてしまいます。, 特に無免許運転における加害者が未成年であるケースも多く、責任の問われ方も左右されます。年代層別における無免許事故の割合を参考までに確認しますと、19歳以下は80歳以上に次ぐ多さであることが分かります。, また、無免許事故による被害者や加害者自身の補償についても通常の事故と比較して、取り扱われ方が変わりますので注意が必要です。, 無免許事故における要点は多く、被害者側が知っておくべきことはあります。 加害者側の免許有無に関わらず被害者側には保険が適用されることや、加害者が未成年者である場合の示談交渉について、予め把握しておくべきです。, 更には無免許で運転していた車の同乗者にも責任が問われますので、補償や罰則処分について一通り知っておく必要があるでしょう。, 最初に、無免許事故に遭ってしまった場合の補償について確認していきましょう。無免許運転の車にぶつけられたことで怪我をして、自分の車を壊されてしまった場合、もしかして保険は適用されないのではと心配に思う人もいるかもしれませんが、被害者救済を考慮した規則がありますのでご安心ください。, 加害者側が無免許でも、自賠責保険と対人賠償保険は有効です。被害者側の所有物となる自動車や家屋なども壊された場合、対物賠償保険が適用されることになっています。保険金により被害者側の救済はなされますが、一方で被害者側の損害は違う扱いになります。, 加害者側は無免許の過失がありますので、例えば、人身傷害補償保険や搭乗者傷害保険、加えて自損事故保険などは一通り認められず、加害者側への保険金は支給されません。, 同様に、車両保険の適用も不可でありますので、車の修理代を任意保険で賄うこともできなくなってしまいます。このとおり、加害者が無免許であっても被害者には損害賠償を請求する権利を持っていますので、正当性を訴えて対応するべきでしょう。, つまりは無免許運転での罪は別として、無免許事故による相手側(無免許ではない方)に事故発生の過失があると判明した時は、相手側が加入している自動車保険によって無免許運転者側の怪我や車の損傷に対する賠償がなされます。, そもそも無免許運転とは免許を所持していない状態での運転を意味しますが、『免許証不携帯』とは異なります。免許を受けた人が運転免許証を忘れて運転することが免許証不携帯に該当しまして、対して無免許運転は免許自体を全く所持していない状態のことです。, 一部の免許はあるものの、実際に運転した車種に応じた免許ではなかった際は免許外運転に該当します。普通自動車免許だけで大型バイクを運転した場合などです。, 一 法令の規定による運転の免許を受けている者(第107条の2の規定により国際運転免許証等で自動車等を運転することができることとされている者を含む。)でなければ運転し、又は操縦することができないこととされている車両等を当該免許を受けないで(法令の規定により当該免許の効力が停止されている場合を含む。)又は国際運転免許証等を所持しないで(第88条第1項第2号から第4号までのいずれかに該当している場合又は本邦に上陸をした日から起算して滞在期間が1年を超えている場合を含む。)運転した者, また、上記で解説しました無免許運転車両提供の場合と同等の罰則になっております。無免許者の運転とその車を貸すことには同レベルの過失があるとも言えます。, 無免許事故を前提して今まで補償や罰則について説明しましたが、前科がなく、交通事故も起きていない場合には罰金刑で済まされるケースが通常だとされています。また、単なる無免許運転だけであれば、必ずしも逮捕されて身体拘束を受けるものではありません。, ただし、逃走を試みたなど不誠実な行動を取った場合、逮捕される可能性は高くなります。重過失に繋がる行為をしたり無免許運転の前科があったりすれば、逮捕される可能性は高くなるでしょう。, 上記では無免許運転者と被害者側の観点で補償条件を説明しましたが、加えて同乗者に関する責任問題があります。, 無免許運転の車に同乗していた人物も、場合によっては過失があるとされてしまいます。また、同乗していなくても無免許事故を起こした車を貸した場合も罪に問われることがあります。運転者ではないから関係ない、という問題ではありません。, 運転者が免許を持っていないと認識した上で同乗すると、2年以下の懲役または30万円以下の罰金が科されます。, 相手が免許をもっていないと認知していた上で車を提供した場合、無免許運転車両提供の罪で、車の所有者には3年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科されます。, 無免許だと知っていながら犯罪に加担した、という意味合いで制定されています。常識的な話ですが、免許を持っていない相手の車には絶対に同乗しないようにしましょう。運転者本人のみならず、同乗者としての責任が問われてしまいます。, 『原則』として、自賠責保険と対人賠償保険など、一連の保険について補償の対象にはなります。しかし『例外』として、仮に同乗者が運転者の無免許を認知していた場合は過失有りとされてしまいますので、保険金の減額や保険自体の適用外も考えられます。, 無免許の被害者に対する補償と同じく、同乗者にも法律的に反していると判断されてしまえば、それ相応の罰を受けることになります。, それと、罪の重さを見極める上でもう一つ重要な点があります。加害者が未成年であるかどうかで考え方がまた変わってくることを次項にて取り上げます。, 無免許事故を起こした加害者が20歳未満の際は、経済的な支払い能力と刑事的責任の観点から、成人の場合と扱われ方が大きく異なります。, ただし、損害賠償の責任は変わらず、成人であるかどうかに関わらず被害者へ支払うべき賠償金は同じです。ですので、被害者側は未成年の加害者へ損害賠償を請求することになります。無免許事故の加害者が未成年であるからといって、保険金や賠償金が下がることはありません。, 殆どの場合、未成年の加害者は高額な賠償金を支払う能力はありませんので、親が未成年者本人に代わって補償をすることになります。なので、被害者は加害者側が任意保険に加入していれば保険会社と、未加入であれば未成年者本人の親権者と示談交渉して対応を進めます。, 未成年者が無免許事故の加害者であった際の法律的な処罰の流れについても説明します。少年法と刑事訴訟法で区別されておりますので、処罰的には成人よりも軽くなるのが一般的ですが、重罪だと見なされた場合は成人と同等の刑事手続きをされることもあります。, 少年法によって未成年者の処分を検討するのは家庭裁判所の役割です。家庭裁判所の調査官が未成年者の処分を決まることになります。処分内容は大きく分けて4つあります。, 少年院に送致するほどではないが多少の更生が必要だと判断され、保護観察官による指導で対応するケースです。, 罪の重さから刑事処分が妥当だと判断され、検察官への送致がなされます。4つの中では最も厳しい処罰です。また、満16歳以上の未成年が故意の犯罪行為により被害者を死亡させた場合は、原則して検察官への事件送致が定められております。, 以上が、未成年者が無免許事故を起こした際に関する要点になります。刑罰的な軽減はありますが、損害賠償の程度は成年と同じでありますので、被害者は加害者側の親権者と示談交渉し、正当に主張立証するように心掛けるべきといえますね。, 無免許事故は実際にも多数発生しております。無免許ということから未成年の加害者も多く、物損事故と同乗者への怪我で捕まるケースがあります。具体的なニュースを見ていきましょう。, こちらは取り消し無免の例です。免許を長年再取得しないまま運転していたところ、軽トラックと出合い頭に衝突し、相手側に軽傷を負わせた人身事故です。, 運転の経験が全くない純無免の少年が速度超過状態で歩道に乗り上げ、塀や電柱に衝突した事例です。同乗していた少女4人が重傷を負いました。その同乗者の1人である少女は、少年が無免許であることを知りながら車両を提供したとされており、道路交通違反の容疑で書類送検されています。, 無免許でワゴン車を運転していた少年が電柱に衝突し、2人の同乗者にケガをさせただけでなく、その負傷者を置き去りにして逃走した事例です。現場から逃げたという不誠実な行動が、今後の処分に悪く影響されると思われます。, 無免許事故につきまして補償と罰則の双方より解説しましたが、いかがでしたでしょうか。 ニュースや新聞でよく、交通事故を起こした加害者が無免許運転をしていたと報じられることがあります。.